2015年12月10日・お店・私の思い,オーナー友重のひとりごと,ブログ,ペットの健康・食,ペットの食について,何かを選択する時に,手作り食と体質改善(涙焼け・ダイエット・歯垢歯石),須崎動物病院関係

体質だから変えれる

先日、来られたお客様のワンちゃんが結石だそうで
療法食に切り替えないといけないし、
体質だから治らないと言われたそうです。

 

お医者様や獣医さんに言われる言葉って
影響力が大きいと思いませんか?(;’∀’)

 

お医者様が言うんだから絶対!と思える方なら
それはそれで価値観なので問題ないのですが
そうは言われたけれど何とかならないものか・・・
思ってしまう私の様なタイプの方は
悶々と過ごす毎日を送ることになるようです、、、

「たんぱく質の量もちゃんとして
魚に切り替えた食事もしてるんですけど・・・」

我が子が大切だからこそ、一生懸命なんですよね。

肉がいけない

添加物がいけない

pHコントロールをしなくちゃ

 

そう思ってらっしゃる人って本当に多いですが
結石についてはこんなふうに仰る獣医さんもいます。

 

私は【体質】という言葉をこう考えています。

 

体質=からだの質

からだは細胞の塊なので
からだの質=細胞の質

細胞は血液によって作られるので
細胞の質=血液の質

口に入れたもので血液が作られるので
血液の質=食べ物・水・空気の質

 

家族は同じ環境下で過ごし、
お母さんが作った同じものを基本、食べるので
体質が似通っても不思議ではないから
食べ物・水・空気を今までと変えれば
体質が変わる可能性は無いとは言い切れない。
遺伝というのも変えれないとは言い切れない。

 

後は

【自分の周りでは】体質が変わった話はきかないし
変わる可能性は低いからチャレンジしない
と、思う人と
【自分の周りでは聞かないけど】変わった人や
犬猫がいるならチャレンジしてみよう!
と、思う人がいるだけ。

こんなふうに仰る飼い主さんがいますよ

 

結果論、
チャレンジしないから変わらない人や犬猫
チャレンジしたけど変わらない人や犬猫
チャレンジして変わった人や犬猫がいるだけ。

 

いいんです!

自分は本当はこうしたい・・・に従っても♪

合ってる方向だけ、そうそうこっちよー!と

私が教えてあげますから♪

 

どれを選択しようと人それぞれですが
私にとって最も重要なことは
自分が求める結果を得ている人の意見なのか?
それとも
自分の求める結果を得ていない人の意見なのか?

 

これ、重要ポイントです!(^^)!

 

人間のお母さんの全てが栄養士の知識がでなくても
子供にご飯を作ってあげれるように
飼い主さんが犬猫の身体の体質、ベースを作ることは可能です♪
と、ペット食育講座でお伝えしています。

人間と犬猫との違い?
確かに違う部分はあります。
何がどう違うのでしょう?
その違いをどのくらい侵すと言われる危険になるのでしょう?
本当のところはどうなんでしょう?

きちんと知っておくと振り回される時間に追われず
もっと美味しいものを食べたり飼い主さんと一緒に遊んだりの時間を
ワンニャンは欲しがってるかもしれませんよヽ(^o^)丿

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★12月度・犬の手作りごはん教室のお申込はこちら
★12月度・猫の手作りごはん教室はこちら

★ペットの食の正しく適切な知識と情報をゲットはこちら
★ペットのお口のちゃんとケアーはこちら
★犬育て(シツケ)講座はこちら
★電話で相談したい方はこちら

★手作りごはんを通販したい方はこちら
★ペットホテル(24時間フリー&スタッフ同室常駐)についてはこちら
★お問い合わせはこちら、又は072-700-0908