2016年8月10日・お店・私の思い,オーナー友重のひとりごと,ブログ,未分類

想いやりのある人、ない人

 

想いやりの想いは相手の心と書く。

想いやりがいっぱいの人って素敵やなぁ。

 

辛く悲しい経験、思い通りにいかない経験が多い人ほど
相手の心の痛みがわかるんだなぁ。

 

たくさん経験をしてる人は
私なんか全然、気付かないことを気づいてるし見てる(;’∀’)

 

そして黙って黙認してくれる。
まるで大人が小さな子供を見て
「しょうがないよね~」とスルーするように。

 

それに気づいた時、
自分が恥ずかしいやら情けないやら有難いやら、、、、、

 

この恥ずかしく情けない経験をするからこそ
相手の気持ちがわかり、
また想いやりの幅を広げてくれるのよね(笑)

 

想いやりを育てるために人は失敗させてもらうのかな。

 

昨日はソレに気づかされた(”◇”)ゞ

相手の心を気遣える器になれるのは、まだまだ遠いわ(;’∀’)

 

今日も失敗、喜んで!   ?(笑)

 

====================================

★ペットの食の正しく適切な知識と情報をゲットはこちら
★ペットの長寿の秘訣はお口!歯磨き根本原因ケアー教室はこちら
★犬育て(シツケ)に困ったら飼い主が学ぶ講座はこちら
★友重さえ子に電話で相談したい方はこちら
★美味しい!安心!健康!majun手作りごはん通販はこちら
★大切な家族の犬を預けるならspecialペットホテル