2016年8月28日・デンタルケアー・歯磨き,ブログ,手作り食と体質改善(涙焼け・ダイエット・歯垢歯石),未分類,須崎動物病院関係

犬猫が食べてくれないのは食事が原因じゃないかもしれない

~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎テキヤmajunに来てよ~!

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

先ほど店頭に来られた60歳代のご夫婦が

 

「食欲がなくて困ってるんです。
現在、14歳なのですが2歳の頃から膵炎を繰り返していて
以降、獣医さんに勧められたペットフードだけを10年以上食べさせてます。
ですが最近、少ししかフードを食べないのでササミを茹でてあげたり
市販のシチューみたいなものを与えたりしてたんですが
それも食べなくなって何か食べてくれないか・・・と
困っていたところ、公園で合うお散歩仲間に
こちらのお店を聞いて急いで来たんです!」

 

 

更に飼い主さんにご質問をすると

■ 今までは脂肪分の少ない療法食しかNGだけれど
食べないと体力が付かないので
食べるなら何を与えてもいいからと言われた

 

 

 

食いつきがいいのはこのメニューが人気です!

 

と、簡単に言えばいいのですが、、、、
悲しいかなペット食育協会認定上級指導士である私は
その奥にある事柄が気になってしまいます(;’∀’)

 

 

 

口内の状態はどんな感じですか?

 

「すごく悪くて炎症が起きてて血がついたり、、、
獣医さんが歯石除去手術をしたいそうです」

 

 

 

そのワンちゃんは食欲がない理由だけで食べないのでしょうか・・・・

 

 

 

 

 

口の中が痛くて

食べたくても食べれない

 

 

のかもしれません。

 

 

 

上質のフード、安心な手作りごはんなど食事の質を唄う前に
健康維持の大前提、歯磨きはしていますか?

私は
歯石歯垢へのアプローチとしての歯磨きよりも
歯石歯垢が付きやすい口内環境改善の口内ケアーを選択し
2頭の犬たちに、そしてお希望する預りワンにやっています。

 

 

歯みがき、嫌がるし自分も忙しいし面倒だし・・・の
ツケが後にまわって来ても何ら不思議ではありませんよね。

 

知らなかったなら仕方ないですが
知ってたけどやらなかったのか、
はたまた知ろうとしなかったのか・・・

 

 

「私は知っていたのにやらなっかた飼い主です」

少なくとも私は5年以上前に知っていたのに
色んな理由を並べて歯磨きを後回しにしてました。

3年前に1頭、亡くなり
2年半前にもう1頭、まだ10歳で亡くなり
この子たちの口内の状態は良好ではありませんでした。

口内環境が原因だったかどうかは言い切れません。
ですが、知っていたのに安易に考え
先延ばしにした自分を私は自分の棺桶まで持っていくでしょう。

出来れば誰もこんな辛く悲しい思いをしてほしくない・・・

 

・何かの病気になってから死を宣告されてから
・痛くてたまらなくなったのを確認してから

それから口のケアーを始めますか??

手遅れになる前に間に合いますか?

 

 

 

「とりあえずケアーしてるもん!って方へ」

希望する結果は出ていますか?

口臭は気にならなくなりましたか?

 器のヌメリはなくなりましたか?

歯茎の炎症、出血はなくなりましたか?

 

ケアーしてることが目的ではなく、

口内環境が改善されることが目的ではなかったですか?

望む結果が出ないなら、やり方を変えましょうね。

 

 

良きも悪きも何事でも
現在の結果は自分で選んだ行動の結果です。

 

 

犬猫の口の中、一度じっくり観察してみてはいかがでしょう?

 

 

口内の悪玉菌が激減する方法を
口内ケアー製品を作った本人からゲットしましたよ~~~ヽ(^o^)丿
やってみたら今までの2倍の効果ですわーー(^^♪(^^♪(^^♪

 

あっ、面倒ですから面倒ななことは嫌い!って人は
知らないほうが良いので聞かないでくださいね(*^^*)

 

majun口内ケアー教室は現在進行形です(*’ω’*)

8月の口内ケアー教室は満席です。
9月はまだ数枠、大丈夫です(*^^*)

 

 

※ ホントのペットの健康維持情報

11月開催シークレットセミナーは見逃せませんよ~(早割申込受付中)

 

====================================

★ペットの食の正しく適切な知識と情報をゲットはこちら
★ペットの長寿の秘訣はお口!歯磨き根本原因ケアー教室はこちら
★犬育て(シツケ)に困ったら飼い主が学ぶ講座はこちら
★友重さえ子に電話で相談したい方はこちら
★美味しい!安心!健康!majun手作りごはん通販はこちら