2016年9月16日・ブログ,未分類

初めての保護施設ボランティア

~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎テキヤmajunに来てよ~!

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

いよいよ、もうすぐ9月22日です!!

 

フェスタ当日は
あの養鶏場から直送の激ウマミンチと
地場野菜や無農薬野菜を使った

冷凍ではない作り立ての手作りごはんを販売しますよ~

人も犬猫も医食同源(^.^)

私も居ますので是非、顔を見せてくださいませ~ヽ(^o^)丿

 

 

 

 

しばらくぶりの投稿となってる理由はiPadだけでなく・・・

実は人生50年で初めて、殺処分犬の保護施設にボランティアに
他府県まで新幹線とバスで行ってたんです。

 

 

majunに来る子たちは、犬に生まれたけれど
人間の我が子同然に大切に大切に育てられた子たち。
そんなmajunに来る子たちとは、また違う環境の犬たち・・・

 

辛くなるので今までは行かなかったのですが
今回、親しい方に声をかけていただき
色々と考えた末、行ってみることになったんです。

 

 

人手が足らず、散歩も十分に行けてない犬たちの散歩を
坂道ばかりの道を繰り返し、何頭も連れて行かせていただきました。
普段、身体を動かさない私は筋肉痛で芦屋腕がパンパンで(;’∀’)
翌々日辺りから、身体中が痛くて痛くて坂田利男バリの歩き方に(;’∀’)

image13

 

 

14歳?15歳?のこの犬は、老犬になったので保健所に持ち込まれたそうですが
ここの施設では穏やかで優しい「はるジイ」は他のワンコから人気です♪
皆、はるジイにくっついて寝ます(笑)

image1

子犬たちも居ました。
暴れまわる子犬たちのウンチまみれの部屋の掃除(;’∀’)

image12

子犬は強烈なパワーです(;’∀’)

働いてるスタッフの人たちは
朝の8時前~夜の8時までノンストップで働き
下半身麻痺で糞尿を垂れ流しているワンコの犬舎内に毎日、入り
心を開かない犬とのコミュニケーションを何か月も続けてました。

本当に素晴らしい人だなぁと、我が子の年齢ぐらいの子に
尊敬の念が湧きました。だって自分にはできないもの・・・

保護施設も色んな施設が色んな方向性のもと、存在するようで
あそこはダメ!など、意見の食い違いもあるようで
その世界のものでは無い私にはよくわかりまあせんが
自分の労力と時間、お金のどれか今できることを一部だけ提供し
その人、その犬猫が笑顔になってくれたら嬉しいなぁって(^.^)

こうして自分が知らなかった世界の経験は
違う角度からの視点が私に与えてくれました。
行って良かったです(*^^*)

 

さてさて、いろいろと言いたいこと続いて投稿できるかな(;’∀’)

====================================

★ペットの食の正しく適切な知識と情報をゲットはこちら
★ペットの長寿の秘訣はお口!歯磨き根本原因ケアー教室はこちら
★犬育て(シツケ)に困ったら飼い主が学ぶ講座はこちら
★友重さえ子に電話で相談したい方はこちら
★美味しい!安心!健康!majun手作りごはん通販はこちら