2016年12月20日・ブログ

シニアの健康管理

 

+++++++++++++++
  年末年始営業のお知らせ
+++++++++++++++

 

 

西洋医学の方は東洋医学、中医学を否定し
東洋医学がお好きな方は西洋医学を不安がり・・・

 

 

西洋医学は怖いですよね!」

「薬は良くないですよね!」

「あそこは対症療法ばかりするんです!」

 

 

西洋医学には西洋医学の素晴らしい特性があり
東洋医学には東洋医学の特性があるんです。

 

自分が使い分ければ良いのです。

 

 

食べ物に例えるなら
例えば梅干しも色んな梅干しがあって
スーパーでよく売ってる低コストで甘い口当たりの良い梅干しもあれば
昔ながらの塩分20%前後の梅干しもあります。

 

どちらの梅干しが本物かどうかより
各々、特性があるんです。

 

余計なものははいってるけど便利と低コストが得れます。
手間もかかるし辛いし高いけど身体に良いものが得れます。

 

何でも各々の特性があるので
その人の生活環境や価値観の優先順位で見ると
それぞれに良いもの、良くないものに分かれるんです。

 

 

梅干しには添加物がいっぱい!!

 

と、いう情報を見て

「梅干しって怖いですよね!」

 

梅干しは危険という情報が広がる(笑)

 

 

 

先日、我が家の犬たちの人間ドッグならぬ犬ドッグに行ってきました。

おかげさまで、15歳を過ぎてるにも関わらず
心雑音もオッケー、腎臓もオッケー
胆嚢も綺麗だし口臭もない!と褒められました♪

img_0043

肝臓の数値が高かったのですが、
外気によっても一過性の場合もありますし
普段のケアーをもう少し多めにしてみます^ ^

 

こうやって、西洋医学の検査は数値やエコーやレントゲンなど
目で見て認識できるので有り難いですよね。

 

 

我が家では年1回〜2回の検査をお願いし、
獣医さんとのコミュニケーションをとって仲良くなる努力をします。

 

このような検査もせず、悪くなってから
もしくは悪くなった時だけ利用して
「信用できないんです」は、いかがなものでしょう(笑)

 
自分なら、よく顔を見せて利用してくれる人と
自分の都合だけで来る人と、どちらを大切に思うでしょう?

 

 

みんな人間ですからね。

 

 

犬を本当の家族として人間並みに扱おうとなれば

人間よりも何倍もお金も手間もかかります。

 

 

兎にも角にも、未病の段階
病気ではないけれど「ん?」のサインをスルーするか
明らかにおかしい!と、なってから動くか。

 

これも、それぞれの価値観、それへの優先順位です。

 

 

我が家は2頭の犬柱を経て
転ばぬ先の杖を選択しております、、、、

 

 

犬柱は、もう見たくも聞きたくもないのですが
何度、伝えても右の耳から左の耳の方もいらっしゃいます。
ひつこく言うと嫌われるので(笑)口を閉ざすようになりましたが。

 

 

まずは健康診断!

そして、他人に任せ切らず自身でも勉強して使い分ける。
犬の健康管理知識を何度も聞いてください。
正しく適切に身体の仕組みをしっておいてください。

 

 

 

=================================

★ペットの食の正しく適切な知識と情報をゲットはこちら
★ペットの長寿の秘訣はお口!歯磨き根本原因ケアー教室はこちら
★犬育て(シツケ)に困ったら飼い主が学ぶ講座はこちら
★友重さえ子に電話で相談したい方はこちら
★美味しい!安心!健康!majun手作りごはん通販はこちら
★安心な上にスピリチュアルな水をお探しの方のための浄水器の資料請求はこちらから