majun(マジュン)ブログ

majun(マジュン)のコラムや出来事をご案内しています。

一生、犬のアレルギーの原因の食材を省きますか?

   

nbsp;

「うちの子、〇〇の食材と〇〇の食材がダメなんです。
 だから〇〇が入ってない食事はどれですか?」

こう言われる方、最近とても増えました。

 

いわゆるアレルギーって言う飼い主さんが非常に多い(;'∀')

 

 

そもそも、どの程度でアレルギーというんでしょう?

 

我が家の犬、アロンも15年近く前まで
口のまわりの皮膚が赤くグチュグチュにただれ
身体の一部で脱毛が起き、慢性外耳炎。
おまけに常時、緩いウンチか下痢で
「この子は皮膚と腸が弱い子なんだ・・・」と思い込んでいました。

 

こんな状態だから
うちの子はアレルギーと思っていましたが
最近、皆さんが言うアレルギーとは
どのような状態でアレルギーと仰っているのでしょう?

 

・よく身体を掻くからアレルギー
・一部の皮膚が赤くなる、又は赤いプツプツが出た
・症状はないけどアレルギー検査で食材に反応が出た

 

どれをアレルギーと定義するのか?は
獣医さんと飼い主さんが決めることですが・・・

 

 

「人間の我が家の娘の場合のアレルギー」

私の子、人間の娘がアレルギーだったことから当時は
陽性反応が出た食材を片っ端から省く食事を
娘に与えていましたが段々、疲れ果てて
「いつまでこんなこと続くんだろう・・・」と思うように。

同じ食材を食べても何ともない人もいるということは

 

食材が原因か!??

その食材に反応する娘の身体が原因なのでは??

と、体質改善にシフトチェンジ!

 

 

 

「体質だから変えることが可能」

25年前、知識がないころの私は
体質を変えるのは難しい、体質は遺伝!という
当時の一般常識を信じていたのですが
体質だから変えれるのでは?に変わっていったんです。

まずは身体を作りあげているもの、
「水」「食べ物」の質をを変えてみました。
すると・・・

半年ほどでアレルギー反応が出なくなり
今ではよく「肌、キレイね~」と言われ
市販の何を食べても全くアレルギーはありません(^^♪
「水」と「食べ物」を変えたことが
治った理由かどうかは定かではありませんが
それがキッカケだったことは事実でした。

 

 

「どんな水と食に変えたのか?」

一般的には問題ない水や食べ物でも
何らかの体調不良の場合、少々のものでも
反応しやすいのかもしれません。
私の娘も反応しやすかったのでしょう。

世の中、価格相応ですから
食べる物にかけるお金を最優先にし
質の良い水、質の良い食べ物に変えていきました。

今までの水道水を身体にとって余計なものを除去する
と言われる20万円ほどの浄水器を通した水に変え、水もよく飲ませ
食は旬のものを与え、出来るだけ薬漬けでないと思われる
肉や野菜、卵を選んで家庭で作るお家ごはんをメインに。
あと、サプリメント類でした。

これらが良かったのかどうかは定かではありませんが
その時、これらに変えたことは事実です。

 

 

 

「犬がアレルギー発症」

それから10年以上経って犬を飼いましたが
今度は犬がアレルギーと診断され

やれ鶏肉が入っていないもの
やれ小麦が入っていないもの
やれ穀物が入っていないもの
やれetc・・・・・

ダメと言われるものが入ってない食事を探すのは大変!

そんな時、ふっと思い出したんです。

娘にやったことと同じく
お家ごはんに切り替えたらどうだろう??
半年ほどでアレルギー症状は無くなり
良好な便の状態になったんです。

それから15歳となった今まで
何を食べても問題なく過ごしています。

アレルギーと診断された当時、娘は2歳
我が家の犬は1歳にも満たない頃でしたから
長らくアレルギー状態を続けてるのではなかったので
結果も早く出たのかもしれません。

いずれにしても 我が家の場合は です。

 

 

「本当の問題点に視点を置く」

もちろん、ある特定の食材を省くことで
問題が改善されたのならそれもアリだと思います(^.^)
ですが、次々に問題になる食材が出てきたら大変です(;'∀')
そうならないよう神頼みでビクビク過ごす毎日よりも
食材のせいにせず自身の身体の体質改善を視点にしたことで
何でも気にせず食べれるようになったのは快適です♪

もし食材が原因!の視点のまま、次々にNG食材が出てきたなら
食べれるものがどれだけに狭まっていたのか・・・・
きっと食事選びで大変な時間とコストを割くことになっていたでしょう。

ただし、食べ物を変えただけでは改善せず
その奥の問題改善の必要があるケースを
須崎動物病院院長の診療現場で多く見聞きしています。
その場合は素人判断せず、出来る限り早い段階で
食事等、体質改善が可能な獣医さんに
指導アドバイスされることが良いと思います。
後延ばしにすればするほど問題が絡むように私は感じています。

 

 

少々の栄養過不足があっても上手くやりこなせる身体
少々の粗悪なものを食べても何てことない身体は楽です(*^^*)
そんな身体づくりを希望の方はペット食育講座へどうぞ。

====================================

★ペットの食の正しく適切な知識と情報をゲットはこちら
★ペットの長寿の秘訣はお口!歯磨き根本原因ケアー教室はこちら
★犬育て(シツケ)に困ったら飼い主が学ぶ講座はこちら
★友重さえ子に電話で相談したい方はこちら
★美味しい!安心!健康!majun手作りごはん通販はこちら

 - お客様・受講生のお声, オーナー友重のひとりごと, シニア犬, スピリチュアルウオーター, バイオレゾナンストリートメント, 手作りごはん, 須崎動物病院関係 , , , ,