majun(マジュン)ブログ

majun(マジュン)のコラムや出来事をご案内しています。

気配り親(飼い主)と自己中の親(飼い主)の子

   

 

迷子札、忘れてませんからー(笑)

 

 

ところで犬のシツケ、育て方の方針は何かお持ちですか?
私の人間の子供の子育ても自己流でしたが方針は持っていました。
私の方針に反して良かれと思って色んなアドバイスを下さる方もいらっしゃり
そのおかげで、より良くなったり逆に悩んだり喧嘩したり、自信喪失になったり。

 

犬のシツケ方法も千差万別で、アレはダメ!これはダメ!と色々あり
特に犬の世界では他人のシツケや方針に口出ししてくる人を見受けます。

先日、majunに来られたお客さんが

「口内ケアーをしてるところをInstagramに投稿したら
虐待ってコメントを入れてくる人がいて気分悪い!」って(笑)

良かれと思って情報を流しても残念ながら
キチンと判断できる人ばかりとは言えないんです。
一部の情報だけで早合点したり、
自身の経験や価値観に擦り合わせて他人に意見してきたり、、、

だから、重要で肝心な情報は公の場では流れにくいんです。


当たり障りのない情報だけが流れやすい。
それでまた、その当たり障りのない情報で判断した人が情報を流す。
そんな情報に振り回される人が出てくる、、、

 

当時の人間の子供の子育て情報もいっぱいでした。

私の人間の子育ては自分(私)中心型だったかな^ ^
子供のために我慢することは、ほとんどなく
母親らしく等もなく、好きなファッションをし
好きな時間に遊びに行き、好きな仕事をする。

私がNO!なことは泣こうが家出しようが絶対にNO。

 

子供に合わせるなんて無かった(笑)
子供が私に合わせろ!って感じかな(笑)

 

そんな子供が大人に育った今、子育てが失敗したのか
上手くいったのか答えはわかりません(笑)
あーすれば良かった、こーすれば良かったは勿論ありますが
文句や不満を言う母親たちが多い中で私は
どちらかと言うと産んで良かったな♪って感じかな。

大まか言われなくても自分で考え、自分で行動できる人になってることで
楽っちゃぁ楽な現在を送れてる気がします。
親でありながら未だに依存してるので子供は迷惑かもね(笑)
まっ、迷惑なら迷惑って言ってくれれば(笑)

色んな人の意見は参考にしつつ、自分自身が納得できることが一番。
代わりに産んで、死ぬまで責任を持って育ててくれるなら
意見をくれた人のとおりにするのもアリですが
結果、自分の人生責任は自分なのですから自分が納得できることが大事。

 

子育て繋がりで犬の子育てで面白い報告がありました。

皆さん、盲導犬ってご存知かと思いますが
盲導犬になれる犬はほんのひとつまみ。
数々の条件をクリアしなくてはならないからです。

ところが、育てられた母犬のタイプで
盲導犬になれる割合が変わるという結果が。

こちらの記事を読んだ見てください。

 

とても面白い報告ですよね。

 

要は
子犬のことを先読みして気配りする母犬よりも
自分のしたい時にしたい事をした母犬の育てた子犬の方が
盲導犬になっている数が多いという事(笑)

好き勝手に行動する母犬を持った子犬は
お乳を飲んでる最中にどこかに行かれるかも💦
って、子犬が先読み(工夫)をするよう習慣になる。

三つ子の魂、百までとあるように
子犬の頃の習慣で大人になり、工夫や察知能力も高い。
そう思わせられる報告と私は思いました。

 

私が開催してますペット食育講座では

適応力は生命存続の原理原則

と、お話ししていますが
適応力をつけながら育てていると後々、
思うようにいかないことが起こった際でも
ササっと工夫して合わせることが出来る子になっていれば
大きなストレスを感じにくい。

可愛い我が子(犬)だからこそ
基本、人間に合わせる育て方を私は選び、実行しています。
世の中は人間が過ごしやすいように作られていますから
犬の希望通りには到底、厳しいです。
それなら初めから人間に合わすことが習慣になった方が
犬自身も楽に過ごせるのでは?と思うからです。

 

これが最低できるようにしておけば、どこでも連れて行けます^ ^

【今はできなくても】出来るまで諦めず工夫すること。

できてる人に聞いて真似ること。

 

【ここでは】吠えるのを止めなさい

【いいと言うまで】ここで座って待ちなさい

【来い】で戻って来なさい

口に入れたものを【出せ】と言ったら出しなさい

犬であっても可愛い大切なかけがえのない我が子だからこそ
後々の犬生を少しでもストレスを感じにくいよう我が子のために
犬へのシツケは最も重要なことだと私は思っています。

 - オーナー友重のひとりごと, 犬の性格