majun(マジュン)ブログ

majun(マジュン)のコラムや出来事をご案内しています。

犬猫が迷子になる要因

      2017/11/08

 

この季節、夜空でで花火が上がって綺麗ですねー(^^)/


同時にあちこちで犬が保護されてる情報が目につきます(◎_◎;)

 

ワンちゃんも猫ちゃんも含め、下記のような状況に陥った時、
アナタのお家の子は
パニックにならず、その場にジッとしていますか?

 

■ 地震や落雷等が起こった時

■ リードが外れた大型犬などが追いかけてきた時

■ 薬害等の幻覚で襲ってくる人間が来た時

■ 交通事故に巻き込まれた時

■ 玄関などの出口が開いている時

■ 犬の身体のどこかが突然、痛みに襲われた時

■ リードがちぎれた時

 

皆さんのうちの子は何があっても飼い主さんから離れない子ですか?
ちなみに我が家のアロンは、神経質で臆病で真面目な性格。
ダメということは二度としないし、離れていて常に私の居所をチェックする子。
ノーリードでも心配したことが無い子でした。

 

 

『想定外のことが起こった』

アロンが15歳を過ぎた頃のこと。
先にお伝えしたようにアロンは危険の伴う場所や行動は
徹底的に避ける子で高い場所も大嫌いな子です。
にもかかわらず、おじいちゃん(私の父)が面白半分に嫌がるアロンを
リードを付けてないまま1mほどの高さの石の上に上げたんです。

「ワォーーーーン」と、今までに聞いたことのない雄叫びをあげ
いつものように私のとこに逃げてくるかと思ったのに走り過ぎ
あっという間に見えなくなってしまったんです。

人生の中でここまで走ったことはないというほど私は走りましたが
いくら老犬とは言え、犬の走る速度に追いつくことは出来ず、、、

警察に飛び込み、迷子犬の届け出をして再度に捜索。

国道もそばにあることから、もし事故に巻き込まれてたら・・・
事故にあって死体となった我が子(犬)が戻ってきたとも聞きます。
良からぬ不安が湧いては消しを繰り返しながら捜索。

そのうち日が落ち、暗くなった中で懐中電灯買って田んぼの脇道捜索。
気づけば夜中の0時を過ぎ、道路の真ん中で何かの死体が!
「まさか!」
イタチでした。
夜中の3時をまわり、真っ暗の中では何も見えず・・・
ひとまず、あと数時間して夜が明けるのを待ち
早朝6時前から捜索。
仕事どころか眠ることすらできず、
ただただ涙を流して神様に無事を祈るばかり。

そんな時間が過ぎ、翌朝の10時ころに私の携帯が鳴りました。

 

 

『アロンが発見、保護される』

「豊中警察の●●と申しますが
届出された迷子犬の件でお電話させていただきました。
特徴がこういう犬なのですがいかがでしょう?」

そうなんです、、、
15年間の信頼でウチの子はアロンは大丈夫と思ってたので
失くした迷子札を買い換えず、居なくなった時は付けていなかったんです。
もし、迷子札を付けていたなら警察で一夜を明かさなくても
アロンが逃げ去った17:30から30分後の18:00過ぎに保護してくださった方が
即、電話をかけてくっださってたでしょうに、、、

 

手続きを済ませ、警察の方がアロンを連れてきてくださったとき
アロンはしっぽを振ることもなく立ったまま呆然と私を見てました。
私はもう涙が溢れ出して泣き崩れ状態( ;∀;)
車に乗ってから初めてキュンキュンヒュンヒュン泣き声。
ブルブル震え出したのです30分ほど抱っこして抱きしめてると、
やっと通常に戻りました。
生まれてから冷暖房のきいた部屋でふわふわのクッションで寝たことしかないのに
きっとエアコンもないクソ暑い部屋で檻に入れられて半日、過ごしたんでしょう。

ビッコをひいてた足もレントゲンでも異常なく
長い距離を歩き、走ったことで痛めたんだろうとのこと。
直ぐに治りました。

 

 

『最短で保護してもらえるための№1なこと』

普段は絶対に逃げない子でも
突然に雷が鳴ったり、目の前で事故があったり
大きな犬がノーリードで走ってきたりと、通常と違うことが起きた時
どんなに信用してる我が子でもパニックになると逃げてしまう可能性は否定できません。
そんなとき、最も心配なのは車による事故です。
犬なんて目に入りにくいこともありますし、仮に跳ねたからといって
動物病院に連れて行ってくださる人がどれほど居るでしょう?

万が一、走り去ってしまった時
事故に遭うまでにいち早く保護してもらえることが最も大事です。

そのための迷子札は最重要。
ちなみにアロンはマイクロチップを入れていますが警察の方は
「マイクロチップって何ですか?」と💦
普及はまだまだのようですね、、、
アナログではありますが
しっかり読み取れる飼い主の連絡先と犬の名前が記載された迷子札は絶対です。

人間界では誘拐は最も罪が重いです。
大切な存在が、どこで何をされているかわからない不安を持ち続けることは
生きながらの地獄だからです。
このブログを読んでくださる方は私のようなことは無いと思いますが
迷子札は子供からお年寄りまで読めるよう
文字は大きいか?わかりやすいか?
劣化して見えづらくなっていないか?
今一度、していただければと思います。
紛失することも想定して予備も準備しておくと安心です^ ^

 

居なくなってから数年という飼い主さんが居たり
交通事故で悲しい姿で見つかった子が居たり
今の時代は虐待のために連れ去られたりの可能性も。

大丈夫だろう・・・

今度、迷子札を買おう・・・

何もなければ良し!
でも、そのうちに・・・で後回しにして後悔しても戻りません。

きちんと読み取れる迷子札をつけていないなら直ぐつけてくださいね(^^)/

 

 

次の記事で我が家イチオシの自然界の恩恵から作った
【付けているだけで良い氣を放つ迷子札】
をご紹介します^ ^

まとめてmajunでオーダーすることで
上質なものをお安くお願いできることになりました。
いっぺんに注文は今回限りとなりますので次回の記事をお見逃しなく(^^♪

 

 - オーナー友重のひとりごと, シニア犬, 犬の性格