majun(マジュン)ブログ

majun(マジュン)のコラムや出来事をご案内しています。

犬の断食は良い悪い?②③/⑥

      2017/11/08

⬛️犬の断食は良い悪い?『私が犬に断食をする理由』①/⑥はこちら。

さて、犬の断食についての続きです。

『②断食のメリット』

この記事をご覧ください。

人間界だったのでは断食をこのように言っていますが
そういう私はまだ断食をしたことがありません(笑)
食べれなくなって自然に断食になったことがあります。
なぜ断食をしないのかって?
人間の場合は自分自身で断食をしないとなりません。
私は食べることが大好きですから相当の理由が無いと私はしません(笑)

現在のところそこまで健康に困ることが無いですし
個人的に【やらねば】ではなく【やりたい】なら直ぐやります♪
何より、私の食を誰かがコントロールして(笑)

自分はやらないのに我が子にはやらせるのか?って?
ハイ、やらせます。
私のエゴで1日でも健康で長生きして欲しいからです。
でも、それをエゴだと言うなら断食という方法があるのに
体内が痛んでいても可哀想だから・・・と
断食をしない選択を取るのも飼い主のエゴです。

私は犬猫や子供に大人を超えての権利は無いと思う人なので
犬猫や子供は人間や大人の決めた許容範囲で生きるしかありません。
その代わり、私の子供として縁を頂いた限りは
我が家の犬として縁を頂いた限りは私が思う出来る限りの最高の幸せを
経験できるよう誠心誠意、頑張ります(笑)
価値観や趣味嗜好、共鳴できるできない等の是非は各々であるでしょうけれど
何事も最終責任を取る人を超えて口出しはできないと私は考える人です。

少なくとも我が家犬たちは16才のアロンを筆頭に現時点では
上記のリンク先の記事内容のとおりか、調子が良くなる結果なので
我が家の犬たちには合っているようです。

 

 

『⓷人間よりも断食に適した犬の食性』

色んな角度からの食性を語れますが今回は
犬が人間よりも空腹に強い性質である理由の一つをお伝えしましょう。
「うちの子、食べても食べても欲しがる・・・」
そんなふうに思ったことはありませんか?
犬の食性は貯め食いです。
自然界で生き残るためには出来る限りの食べておければ
後に獲物にありつけない日が続いても乗り越えられます。
獲物に毎日、ありつけないことを
想定内にした身体のシステムで現代まで存続してこれたのでしょうね。
だからと言って食事を1週間に一度にすることはありませんよ(笑)

我が家の犬、4頭でどこまで食べるか試してみました。
(ドライフードではなく手作りごはんで)
4頭すべての犬が、お腹がキンキンになるまで食べて
横になって苦しそうにしていましたが
5分もすると立ち上がって、また食べていました( ̄▽ ̄;)
そして何から食べるのか、腹一杯になると何を選り好むか?も
4頭が同じ行動をしました。
7kg弱の犬で1kgほど食べ、10kgの犬で1.4kgほど食べましたから
一回に貯め食いできる量は体重の7分の1ほど食べれる計算になりますね、

300kg〜600kgあるアフリカゾウは1日で
180キロの干し草(動物園で)を食べるそうです。
国内の飼育例が多い大型のシンリンオオカミ(平均体重約25kg~50kg)では
一日に与える餌の量はおよそ2~5kgと言われますから
キンキンに食べさせたら4kg〜7kgほど1回に食べれるのでしょうね💦
ちなみに動物園のオオカミは1週間のうちに必ず
1~2日程度絶食日と言うものが設けられているそうですよ。

このように犬は人間よりも空腹を想定した身体の作りがあり
逆に毎日、適量を食べ続けることが必ずしも健康的とは
人間よりも犬にとっては特に言えないかもしれませんね。

次は
『⓸断食のデメリット&リスク』
『⓹断食5日間で我が家の犬に何が起きた?』を予定^ ^

 - オーナー友重のひとりごと, フード, レシピ, 須崎動物病院関係 , ,