majun(マジュン)ブログ

majun(マジュン)のコラムや出来事をご案内しています。

一般的とはかけ離れた茶葉の仕入れ条件

      2017/11/09

 

おかげさまで7年目のmajun、1ヶ月が経とうとしています。

NEW茶葉も入っております♪
皆様には大変な人気の「スパイシーチョコレート」
ハーブティとは思えない不思議でエネルギッシュなお味です。

思い起こせば7年以上前。
カフェスペースで扱う飲み物をどうするか悩んでた時
オープンを聞きつけて営業に来た●●乳業の営業さん。
その営業さんに「紅茶、仕入れれるとこ知らん?」と聞くと
「僕は知らないんですけど同僚が卸してる枚方の紅茶屋しか・・・」

 

majunからは遠いけど、たまたま当時に住んでいた場所から
橋を渡って直ぐだったので直ぐに行ってみた。
そこの店主は強烈に無愛想だった( ̄▽ ̄;)
ところが、その紅茶を一口飲んだ瞬間に目が飛び出たのを思い出す(笑)
紅茶が苦手なはずの私が衝撃の美味しさで絶句したんです!

 

この茶葉を分けて欲しいとお願いすると、こんな条件を言われたんです。

■お砂糖が白い砂糖は使わないこと
■エリクサー浄水器(30万超え)の水を使用すること
■食器を洗う際もエリクサー浄水器の水以外、お茶グッズ全て触れさせないこと
■アイスティーを入れる際、熱いお茶に氷は入れず
周りに氷を敷き詰めて混ぜながら冷やすこと
■紅茶を混ぜる時は右回り混ぜること
■茶葉に感謝して入れること
■心のリセットをして入れること

卸すなら同じ味を出してもらわないと困る!と。

 

一般的に何かを仕入れる条件というのは
一回あたりの仕入れる最低量の決まりと値段が条件なのに
この店主が全く違うことが条件だった( ̄▽ ̄;)

 

ほとんどの人が諦めて帰る条件だったそう。
白い砂糖は安いので利益率がいいのにダメ、
水に何十万も投資しなければダメ
お茶の入れ方も面倒、挙句に茶葉も高い。

 

ところが私は即答で「わかりました!」

 

店主は驚き、逆に不安になったそう。
これだけの条件を全て丸々こなしてるのに
もし、同じ味がだったなかったら・・・と自ら
毎週、majunに通ってスタッフに教えに来てくださったんです(笑)
その筋では結構、有名な方だったので私の方が恐縮しました💦

 

何で私は即答で条件を受け入れたのか?

それは自分に自信が無かったからです。
感動したこの味と同じ感動を自分流に変えて
できる範囲だけ真似て同じクオリティを提供できる自信が無かった。
全て真似したら限りなく同じものが出せるって思ったから。
お金は二の次三の次だった(笑)

 

私はいつもそう。
後先を考えず「好き!」「いい!」と思ったら即なのよね。
だから後に大変な思いをしてきたのも事実ですが( ̄▽ ̄;)
でも、自分自身に嘘をつくことなく生きてるので
自分に堂々とできるしストレスもないんです。ホントに。

たーだぁ・・・・
大変なことは、それはそれで有りますが(笑)

たかが紅茶ですが、こんなルーツがある紅茶で
こんな扱いをされてる紅茶を皆さんにお出ししております^ ^

発送も可能なので、そんな紅茶を飲んでみたい!って人は是非^ ^

それほどの水、浄水器が気になる!って方はお問い合わせください^ ^

 - majunカフェスペース, majun取り扱い商品, 紅茶, 美味しい