majun(マジュン)ブログ

majun(マジュン)のコラムや出来事をご案内しています。

『生きた味噌』と『エナジー・ソルト』個数限定販売

   

 

なぜmajunで味噌を??の理由ですが(笑)
味噌は良好な腸内環境を筆頭に健康維持に大変、良いからです^
勿論、我が家のアロン&ナッキーの手作りごはんにも利用します。

では、なぜこの味噌??ですが【生きている味噌】だからです。
生きている上に全てが突き抜けた味噌だからです(笑)

市販されている味噌の多くはどうしても時間がかかる流通過程で発酵が進み、
包材の膨れ・色の変化・味の変化が起こるのを防ぐために発酵を止めます。
・出来上がった味噌を加熱殺菌処理し発酵を止める
・酒精(アルコール)を添加し、酵母の働きを弱める

 

'・・・・・・・・・、、、、、

生きていた麹菌などはどうなるでしょう?

 

 

せっかく味噌の恩恵に肖るなら私は【生きている味噌】がいい^ ^
我が家の犬たちにも【生きた味噌】私は与えたい^ ^

 

味噌を作る際、塩までに拘らないのが一般的ですが
この味噌は下方でお知らせする塩を贅沢にもふんだんに使い、
大豆だけでなく色んなフルオーガニックの小豆やツタンカーメンえんどう豆など
怪しい豆も使われています(笑)
何より日本一贅沢な味噌なんです。
昔、味噌作りの際の麹の量は2倍も使うと
庄屋さんレベルしか食せなかったそうです。
一般的な味噌の配合は米1:麹1。
麹を2倍にするだけでも「贅沢味噌」と言われている中、
この麹4倍味噌は贅沢中の贅沢の突き抜けてる味噌です(笑)

米麦は「わら一本の革命」でも有名な福岡の自然農法の畑で取れたものを使用。
この味噌も0-1テストで原材料を選び、配合を選び
結果的には何故か素晴らしいものが出来上がってしまったという
majunがイチオシの浄水器エリクサーと同じ原理の味噌(笑)
いわゆる目に見えない生命エネルギーが半端ない。

店頭に来られた複数の方に味見してもらうと第一声が
28人中、25人が「美味しいこれ!欲しい!」です^ ^


お味噌汁には勿論ですが、ご飯の上に乗せたり
オニギリに入れたり野菜につけたり、酒の肴にしたり
普段お使いのお味噌にブレンドしてコクと甘さをアップさせてもいいし
とにかく何にでも使える!美味しい*\(^o^)/*
※生みそは時間が経つと色も変わるなど
発酵の力がある「生きた味噌」ですから賞味期限は半年程となります。

へうげ味噌
700g ¥1,475(税抜き)

 

そして、この味噌にもふんだんに使われている塩は

北極海も含め、7つの海・5つの大陸・3の大山の塩をブレンドした塩。
個々の土地の塩はかつて存在していましたが世界中の塩をひとつにしたものは存在しません。

分かる人には分かる(笑)攪拌方法を十字に1728回転加え、
バイオレゾナンストリートメントのように氣やエネルギーを
チェックする0-1テストにて、地球と言うより
宇宙との調和をチェックして出来上がったお塩なので
国同士、人間同士、人と動物の優劣で争うことなく
平和な心に導かれるエナジー・ソルトと言えるでしょう(笑)

私は温野菜や茹で肉、茹で卵にこの塩をつけて食べるのが大好きで
食材の旨味が引き出されて、いくらでも食べれます♪
犬たちにはエネルギー充電してほしい時に時折、
パラっと手作りごはんに入れております^ ^

七五三塩(なごみえん)
300g ¥1,000(税抜き)


1月12日入荷予定(前日に届いてるかもしれませんが)
数に限りがありますのでお早めにお求めください^ ^
(発送希望の場合はお電話にてお願いいたします)

 

《塩分はペットにNG!に余談》

ペット食育講座では論文ベースのペットの食知識を10年に渡り
多くの飼い主さんにお伝えし続け、10年後の今に至っては
塩分のことを始め、ペットの食知識をキチンと知る人が増えています。

塩分がNGになるには【条件】がありますから
条件に合わないようにすれば、動物にも人にも
塩は水の次に重要な食材です。
野生の動物がテレビなどで岩塩を
ペロペロ舐めている映像を見たことありますよね?


実は塩は消化吸収にも関わり、生命の源なんです^ ^

くれぐれも!
私がいう塩分は塩化ナトリウムではなく〝塩〟ですから。

塩と塩化ナトリウムの違いがわからない人は
ネットで調べると出てきますよ^ ^

 

健康で美味しいhappyを飼い主もワンも

 

今回は限定個数で仕入れて、皆さんのリピートが多ければ
店頭やオンラインショップでいつも購入できるようにしたいと思っております^ ^

ご希望の方は是非、店頭へ!又はお問い合わせくださいね^ ^

TEL 072-700-0908(11:00〜19:00)

 

 - majun取り扱い商品, オーナー友重のひとりごと, 手作りごはん