majun(マジュン)ブログ

majun(マジュン)のコラムや出来事をご案内しています。

我が家のシニア犬にお風呂がいい理由

   

大切な家族となった犬猫の健康長生きを願うのは
どの飼主さんも同じですよね。

私は強烈にそれを願ってる1人です(笑)

ただし、病気等でしんどい思いをさせても
長生きを切望するわけではありません。
【健康に老いて長生き】して欲しいと本気で願っているのです。

車で例えるなら
車が傷むようなことは避け、エンジン周りなどメンテナンスをし
傷みきる前に早めに対処をすれば長持ちします。

言葉を発しないという意味では犬猫の健康長生きも
オーナーである飼主さんにかかっているかもしれません。
我が家の大切な家族になった犬を亡くして
痛烈にそれを感じ、二度と同じことを繰り返したくない!
そう思ってから現在、17歳半ばを迎えてくれている我が家のアロン。

この年齢になると日によって調子の良い悪いも出てきますが
今日もなかなかの足取りです。

 

動画はこちらをどうぞ。

 

足腰が立たなくなる大きな理由を知っていたので
若く健康なうちから意識してきたことがあります。

目が見えなくなる大きな理由を聞いていたので
若く健康なうちから意識してきたことがあります。

耳が聞こえなくなる大きな理由を見てきたので
若く健康なうちから意識してきたことがあります。

 

偶然、そうなるわけでなく原因があってそうなると
須崎院長の診療現場で見聞きし続けてきました。

 

見聞きし続けてきた知識と経験から
【余計なものを溜め込まない巡りの良い身体】
全てのベースになると私は確信しています。

 

私がアロンに行うケアは全て巡りの良い身体を維持するために
限りある時間の中で最も有益と感じていることを選択し
日々のケアに取り入れてます。

体調は良好ですが17歳を超え、多くの運動も難しいですから
アロンの場合は最も有益なケアの1つが温浴です。
被毛を乾かすのは一苦労ですが(^_^;)
身体を温めてからベッドへINしております♪


動画はこちらからどうぞ。

お風呂が良いと言うと、お風呂だけを徹底する方がいらっしゃいますが
あくまでも有益な〝ペットのおうちケア〟の1つです。

我が家では
アロンの体調を崩す要因と思われることの排除も
いろいろ行なっていますのでプラスアルファの温浴効果が
最大限で得られているとも言えます。

犬たちの健康維持のため
私が最低ラインの基本ケアとしているのは

✔️ 菌のコントロールが出来る口内ケア

✔️ 水の量、質食事の質

✔️ 入浴(温浴)

我が家は老犬ですが健康なのでほぼ毎日、
熱めのお湯にエコエクセレントを入れて
15分程度、温浴するようになってから動きはいいし
デキモノは消滅しかけですし、良好です。
身体の末端まで血行が行きわたるのか肉球や鼻も17歳半ばでシットリです。

最低ラインの基本ケア以上に望む場合は
ツーランク上のケアもあります♪

1日でも長く、健康にソバに居て欲しい飼い主の願いです✨

 

 - オーナー友重のひとりごと